第一〇五九回例会 三月十日(第二日曜日)(晴雨不論)予告

御寺泉涌寺とその周辺の文化財

集 合

十時 JR・京阪電鉄「東福寺駅」出口


交 通

近鉄西大寺八時五三分発京都行急行―京阪丹波橋乗換九時三二分発出町柳行普通―東福寺九時四四分着
JR大阪九時一五分発敦賀行新快速―京都駅乗換九時四九分発奈良行普通―東福寺九時五三分着
京阪京橋八時五七分発出町柳行特急―丹波橋乗換九時三二分発出町柳行普通―東福寺九時四四分着


見 学

瀧尾神社 本殿及び拝殿(江戸・市有文)
即成院 阿弥陀坐像(平安後・重文)、二十五菩薩像(平安・重文)、石造「那須与一塔」(鎌倉)
戒光寺 丈六釈迦立像(伝運慶湛慶合作・重文)
新善光寺 阿弥陀立像(鎌倉)、狩野派障壁画(江戸)
今熊野観音寺 三重石塔(平安)他
今熊野石造宝塔 三基(鎌倉)他
来迎院 含翠軒庭園(江戸)
泉涌寺 大門(慶長創建・重文)、仏殿(寛文八・重文)、楊貴妃観音(南宋・重文)、俊仍堂他


昼 食

各自持参のこと(新善光寺書院にて)


会 費

四千円(学生三千五百円)。拝観料・資料代含む


解 散

十六時 泉涌寺大門付近にて


申 込

お問い合わせください
当日参加可能ですが、資料準備の都合上なるべく事前にお問い合せより申込みください。申込みの際は、連絡先の情報をご記入お願いします。



第一〇五八回例会 二月十日(第二日曜日)(晴雨不論)

古都京都の文化財として世界遺産に登録されている、北法相宗清水寺境内を巡ります。
午前中は、清水寺 執事補 大西英玄氏のご案内で、檜皮屋根の葺き替え工事が行われている本堂・修復現場や内陣、名勝成就院庭園などを特別に見学させていただきます。午後は、境内に所在する重要文化財を巡り知見を広げたいと思います。

集 合

九時五十分 清水寺仁王門階段下


交 通

京阪電鉄 清水五条駅から徒歩約二十五分
京都市営バス・京都バス「五条坂」または「清水道」下車徒歩十分


総 会

大講堂


見 学

仏足石、成就院(国名勝)※誰ケ袖手水鉢、蜻蛉灯籠
本堂(国宝・寛永再建)※内陣・本堂屋根修復現場
西門(重文・寛永再建)
清水順正 五龍閣(登録有形文化財・大正)※武田五一設計
馬駐(重文・室町時代遺構)、仁王門(重文・室町再建)、鐘楼(重文・寛永移建)、三重の塔(重文・寛永再建)、経堂(重文・寛永再建)、開山堂(重文・寛永再建)、轟門(重文・寛永再建)※梟の手水鉢
阿弥陀堂(重文・寛永再建)、奥の院(重文・寛永再建)
音羽の滝、泰産寺子安の塔(重文・明応再建)※福禄寿石像 ほか


昼 食

京都・清水順正おかべや


解 散

十六時頃 清水寺仁王門階段下


会 費

六千円


申 込

お問い合わせください
お申込みの際は、連絡先の情報をご記入お願いします。
※締切:先着順



第一〇五七回例会 一月十三日(第二日曜日)(晴雨不論)

御上神社と野洲周辺の文化財

集 合

九時三十分 京都駅 八条口観光バス乗り場


見 学

御上神社(野洲市三上) 正式参拝の後、本殿(室町・国宝)ほか社殿群
照覚寺(同三上) 庭園(江戸初期)
西養寺(同三上)宝篋印塔残欠
圓光寺(同久野部) 本堂(鎌倉・重文)、九重石塔(鎌倉・重文)、本尊阿弥陀坐像(藤原・重文)、地蔵坐像二躯(室町・県指定)、大行事神社本殿(室町・重文)ほか
宗泉寺(同妙光寺)石燈籠(鎌倉・重美)
福林寺跡磨崖仏群(同小篠原)
野洲の悠紀斎田(時間の関係で省略する可能性もあります)


昼 食

準備します。(「さがみ」守山店にて)


解 散

十六時三十分ころ 京都駅八条口にて


会 費

七千五百円(学生 六千五百円)(バス代、参拝・拝観料、昼食代など含む)


申 込

終了しました。


新年懇親会

一月例会終了後、十七時より恒例の新年懇親会をホテル京阪京都二階「OCTAVAR(オクターバー)」(京都駅八条口観光バス乗り場の南)で行います。会費は八千円です。みなさんこぞってご参加ください。
終了しました。




過去の例会案内情報